ようこそ!

水色の大阪市の地図に大正区が青く塗られている〉

 障がい者相談支援センターは、障がい者が地域で安心して生活する上で必要な相談に応じるために、大阪市が障害者総合支援法の規定にもとづいて実施している地域生活支援事業の一つです。

 大阪市では、2012(平成24)年度より「障がい者相談支援センター事業」として各区に1か所設置されています。事業運営は、3年ごとに、大阪市の公募選定という手続きを経て選ばれた民間法人が委託を受けて実施しています。

 大正区では、2012年及び2015年と2度にわたり、特定非営利活動法人障害者自立生活センター・スクラムが委託を受け、〈大正区障がい者相談支援センター〉の事業を継続して運営しています。

特定非営利活動法人障害者自立生活センター・スクラムの公式サイトへ

このエントリーをはてなブックマークに追加

お知らせ

2018年2月15日
本年4月、大正区障がい者基幹相談支援センターとして新たに事業運営を開始します。
2018年1月25日
法人のホームページリニュアルによりサイトを独立させました。