きかんし

 特定非営利活動法人障害者自立生活センター・スクラムがほぼ4ヶ月に1回発行している『KSKQ スクラムハーフ』のバックナンバーをPDFで掲載しています。(改装中)

 『スクラムハーフ』って、どういう意味?

 ラグビーファンの方以外は、あまり聞き慣れない言葉だと思います。ラグビーでは、試合中にスクラムを組んでボールを確保しあうことがしばしばあります。そのスクラムのなかにボールを入れ、スクラムから出てきたボールを再び受け取り、ボールのゆくえをコントロールして次のプレーにつなげていく役割の選手をスクラムハーフといいます。

 私たちは、そのスクラムハーフを地域で自立生活を送っていこうとする障害当事者にたとえたいと思いました。センターでスクラムを組んで支援していくなかで、自分の生活をつくっていく主体はあくまでもスクラムハーフとしての当事者にあるという意味をこめて機関紙の名前にしました。

『KSKQ スクラムハーフ』創刊号より