しょうかい

書籍紹介3

『部落解放』 753号(2018年2月)

解放出版社 定価600円

写真:『部落解放』753号の表紙。

 特定非営利活動法人障害者自立生活センター・スクラム代表理事の姜博久が、人権雑誌『部落解放』753号に、在日と障害という複合差別の当事者として「複合差別は、単純ではない―障害者+在日の間か、内か」と題した文章を書かせていただきました。
 興味のある方は、

解放出版社(http://www.kaihou-s.com/

まで。

書籍紹介2

障害者問題総合誌

『KSK そよ風のように街に出よう』91号

りぼん社 定価700円

写真:『KSK そよ風のように街に出よう』91号の表紙。

 特定非営利活動法人障害者自立生活センター・スクラム代表理事の姜博久が、老舗の障害者問題総合誌の最終号で、表紙右下にあるように、「マイペースを貫く学者ふう ピアカンの「姜」さん」とのお題で、あの牧口一二さんからインタビューを受けました。
 興味のある方は、

りぼん社(http://www.hi-ho.ne.jp/soyokaze/

まで。

書籍紹介1

安積遊歩・尾濱由里

『障害のある私たちの地域で出産、地域で子育て 11の家族の物語』

生活書院 1620円(税込)

〈書籍の販売促進チラシ〉上部左に書籍表紙の写真。右に書籍名と著者名。『障害のある私たちの地域で出産、地域で子育て11の家族の物語』安積遊歩・尾濱由里子編著。 真ん中にコピー文。「障害者が子どもを産んではいけないの? さまざまな障壁、差別につきあたりながらも、障害のある人の産み育てる権利を現実のものとしてきた11の家族の物語。とまどいも、哀しみも、怒りも、そしてなにより子どもと生きる喜びを等身大の言葉でつづった、あとに続く人たちへの心からのエール!障害者自立生活センター・スクラムの機関紙『スクラムハーフ』そのリレー・エッセイから生まれた珠玉の連載と書き下ろし! 障害のある執筆者の体験と想いが差別をなくし、社会を変える!」 下部に以下の情報。「生活書院 ISBN978-4-86500-068-9 定価1629円(税込) 大好評販売中! ご注文は各書店・ネット書店(Amazon・honto・e-hon・楽天ブックス等)へ!」

 特定非営利活動法人障害者自立生活センター・スクラムの視覚障害者スタッフである尾濱由里子が、ピア・カウンセラーの安積遊歩さんと出産・子育てを体験した障害当事者の方たちと一緒に書いた体験集です。